Ship Registryする際に意識するポイント(試験対策)

Describe the main issues that a sale and purchase broker must be aware of during the registration process

①コメントステージ

Familiarity with the registration process = obvious advantage to S&P broker
Brokerは船籍に精通していた方が良い。
大体のケースは、大使館に連絡をする必要がある。

船籍に関する説明
National Flag/Open Registry (or Flog of Convenience) / Offshore registries

各国独自の規制があるので、規制に従い会社の形態、役員の選出などを選択する必要がある。

船籍によっては、White/Grey/Blackに分かれる。

⓶Middle of process
船舶の登録には、Evidence of titleが必要。
新造船 → Builder’s Certificate 
中古船 → 過去の船主からのBill of Sale
企業間で船舶取引を行う場合、英国の会社が関わっていなくてもA British Bill of Sale Forms通称 XS 79Aが使用される。
BIMCO Bill of Sale Formも使用される。
個人間とPartnershipの取引の場合にはBritish SX79 Formが使用される。

船主(個人・企業にかかわらず)はproof of entitlement to register vessel under the desired flagを必要とする。

個人では、proofとして以下の事が必要である。

  • Existence and currency of the corporation by providing such documents as a valid certificate of incorporation and perhaps proof that corporate taxes and fees have been paid up to date
  • See a legally attested copy of a resolution signed by majority of shareholders and officers to acquire the ship
  • 会社代表者は、Power of Attorneyを以て会社代表者であることを証明しなければならない

Bill of Saleは必ずしも船舶所有者の移転を証明できるとは限らないし、所有権を保証するものでない(Does not guarantee the title) 過去の船主の所有歴が必要であり、これがBuyerにSecurityを与える。Transcriptには、抵当権も明記しておくのが良い。

ブローカーは、本船の引渡し前に船籍に必須事項を確認することで支援する。必須書類の期限や登録日などを教示する

Authorityは、すでに使用されているregistry of shipping nameを再利用することを拒否するため、事前確認することが必要。(Commercial attacheの事前確認が必要?)

Commercial attaché definition is – an officer in the foreign commerce service of a country who is attached to an embassy or legation in those countries considered important for trade or business

Register bookには以下の情報が必要
1  Names and addresses of owners, shareholders and more than owner

2, Deatils of the vessel

3, Gross Tonnage

4, Record of any mortgages on the ship

5, 本船の名前、official number (Allotted by the registrar), Port and date of registry

Registryは上記情報を以て、Certificate of Registryを発行する

③ Delivery Stage

買主の抵当は、新船主の船籍登録が済むまでは、ローンされない。
実務上は、船籍登録を待つことは出来ないため、買主は船籍をpre-registerをすることが出来る。これは売り主がBill of Saleに売り主の名前を抹消し、Seller`s registryをCloseすることを条件とすれば可能。

ほどんどのケースでは、売主は本船の引渡しまで登録をしておき、引渡しが終わってから抹消をapplyする。パナマは、電子で船籍を引き渡し後にすぐ抹消することが可能である。

Registry Surveyorが本船を検船する場合がある

Surveyorの検船が終了したら、Carving noteがRegistarに返還されて、本船がトレード可能な状態となる。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です