Causation

Breach of Duty of Care(善管注意義務違反?)が、直接的な原因で訴訟人の損失が生じていなければならない。被告人は、他者によって生じた損失に対して責任を負う必要性はなくまた、因果関係のないものに対して責任を負う必要もない。因果関係を証明するためには、”But for” test(~がなければTest)を実施することにより判明する。(Cork v Kirby Maclean [1952] All ER 402) 

Cork v Kirby Maclean事件では、被告人の夫はてんかん性発作(epileptic fit)を起こし駅から転落し死に至った。被告人は、Statutory Safety Regulationに対するBreach of Duty of Careの状況にあったと主張されたが、裁判所は被告人の夫は従業員に癲癇性発作を患っていることを告知しておらず、また、患っていたことを知らせていたとしても転落した可能性が高いと判断した。

Cork氏の死は、彼の過失によって起きたものであり、彼の従業員に告知していなかったものによるものでもなく、従業員が安全規則に従わなかったことによるものではないとした。

Breach of Duty

被告が訴訟人に対してDuty of Care(保護責任)があると確立されると、裁判所はこの責任が違反されていないかどうかを検証する。この検証は以下二つの質問から検証される。

1, どのような基準でStandard of Careを判断するか
2, 被告は標準以下のCareをしていなかったかどうか

ほとんどの場合、Standard of careは、”Reasonable Man”によって確立される。仮定の話となり、被告人の立場にとって、良識ある人(prudent person)であればどのような手段を講じていたが論じられる。専門家であれば、専門家が話し合いの下確立する。

客観性の試験は、法律でsome measure of certaintyをもたらすことになる。過失の場合には、モラル責任ということにはならない。 Nettleship v Weston [1971] 3 All ER 581では、教習所の生徒が責任あるとの判例が出た。その事件では、生徒が車を木に突っ込ませ、教師を怪我させてしまった。教師は、最終的に教習所の教師としての能力はあるとされ、衝突事故は一般のドライバーでも免れ得ぬとされた。この事件は、法定外で示談・和解解決するべき問題とされた。

被告人が基準以下かどうかを決定するには、裁判所は様々な要素を検討する。(及ぼすリスク、そのリスクを予防するための費用などを検証する。裁判所は、専門家が取りうる可能性のある対策を検証し、それに見合った対策をとっているかどうかを判定する。ただ、専門家が取りうる対策(業界の慣習)を取ったからといってかならず責任を免れられるかと言われればそうでもなく、その対策自体がnegligentな場合もありうる。

Tort (Duty of Care)

Lort Atkinsは、Neighbor の法則とDuty of Careの法則をDonoghue v Stevenson [1932] AC 562 で発展させてきたが、実社会や実務的な状況においてその原則に当てはめにくいケースが出てくるようになった。

時間の経過とともにLord Atkinsの提唱した原則は、一部のみの適用をされるようになってきた。

その一例がCaparo Industries Plc v Dickman [1990] 2 AC 605でLord Roskilが以下のように述べている。

法律が過失責任を問うべきか問わないべきかの単純な基準というものは往々にして存在はしない。予想可能(Foreseeable)、近接性(Proximity)、近所(Neighborhood)、Just/Reasonableといった用語が頻繁にみられるようになった。それらの形容詞は、最も良くて意味を成すが、たいていの場合は、言葉とは裏腹に事実と乖離していたりすることがあるので、Duty of Careがあるかどうかを決定する前に、よくよく検証しなければならないことが多い。では、どこまでを(Scope and extent)Dutyとするかが問題である。

Caparo Industries Plc v Dickmanにおいて、裁判所は新しいDuty of Careの検証方法を提唱した。

1, 被害者の損失は常識的に予測可能なものであったか (Unreasonably foreseeable)

2, 被害者と加害者の関係に近接性はあったかどうか

3, 両者の関係においてDuty of Careが発生するような関係・状況だったと裁判所が納得できるかどうか

裁判所はDuty of Careにより生ずる直接的な金銭的損害に関する賠償を容認することについては慎重となる必要があるとした。一方、生じた傷害や器物破損に関しては厳格すべしとしている。その背景にあるものは、もし、誤った保険請求などにより賠償を許容してしまうと、保険料が上がり他者の金銭的損失にひいては繫がる恐れのあるためである。さらに、今後、あまり関係のないような事柄でもDuty of Careに結びつけ、保険請求が増大する懸念があるとした。

これらの懸念とは対照的に、Capro v Dickman以前においては、裁判所はNegligent Misstatementについては、金銭的損失の回収については容認してもらえるという見方をしていた。これはHedley Byrne& Co Ltd v Heller & Partners Ltd [1964] AC 465 で確立された。この事件では、銀行が誤った情報を不注意で与えてしまった。Claimantは、銀行の情報に頼らざる負えない状況にあり、結果的に金銭的損失が発生してしまった。銀行側は、第三者の情報に頼らざる負えなかったとして責任を逃れようとした。しかしながら、the House of Lordは第三者や専門家の特別な関係や情報に頼らざる負えない場合には、Negligent Misstatementと考えられるとした。

この考え方は、洪水発生後の建物の損傷建造物の建設承認や検査にも適応された。裁判所は、金銭的賠償に関する考え方については慎重となっており、Anns V Merton London Borugh Council [1978] AC 728をOverruleしたMurphy v Brentwood District Council [1991] 1 AC 398 に落ち着いた。

海事においては、裁判所は上記の責任が貿易を阻害せぬような前例を作りたくないとしており、契約法でもそのような制法をしている。

Candlewood Navigation Corp Ltd v Mitsui OSK Line [1986] AC 1ではMineral TrasnporterとIbaraki MaruがMineral Trasnporterの船員の過失によって衝突した。最初の訴訟人、Ibaraki Maru船主は第二の訴訟人に用船していた。第二訴訟人は、第一訴訟人に本船を再用船していた。訴訟人は、用船者として、本船修理中の金銭的損失について回収を申し立てることはできない。Privity Councilは、Principalは契約関係にただあるという理由で損害賠償を申し立てることができないとした。

Leigh and Silivan Ltd v Aliakmon Shipping Co Ltd (The Aliakmon) [1986] AC 785

 

 

Tort (Negligence)

Negligence (過失とは)

Tortfeasor(加害者)がClaimant(被害者)に対しDuty of careを負っており、その被害者に対しある程度因果関係のある損失(Not too remote)を与えてしまった場合、その状況をNegligence(過失)と呼ぶ。

近代法のNegligenceは、Donoghue v Stevenson [1932] AC 562の考え方を見るべきである。
Donoghue v Stevenson [1932] AC 562
女性が死んだカタツムリが明らかに入っていたジンジャービールを呑んで病気にかかったことを申し立てたケース。ビール自体はその女性の友達が買ってきたそうだが、ビールについてのクレームはメーカーに出していなかった。

The House of Lordは、製造業者は消費者に対して流通させた時点で、その製品が使用可能だと暗黙的に認めていたわけで、したがって製品によって消費者を傷つけないようにする”Duty of care”があると考えられるとした。この考えは、ratio decideniとされた。また、このケースにおいて、Lord AtkinsよりGeneral Principle of Negligenceが示された。これは後に言う、Neighbor Principleと呼ばれるもののようだ。

「日常生活において、あなたは常に近辺の人・近所を傷つけないようにするために予測し行動している。それでは、「近所 Neighbor」とは、誰に該当するのだろうか?答えは、自分の行動や影響が他人に直接的および近接的に影響を及ぼす人と考えられることができるのではないか」

過失責任を問う場合においては、以下の証明が必要となった

1、the defendant (加害者)はthe claimant(被害者)に対して Duty of careを負うこと

2、the defendantはそのDutyを破ったこと

3、そのDutyを破たこと(Breach of Duty)が直接的な被害を及ぼしたこと

4、被害が小さすぎないこと (Not too remote)

上述のテストは基本的な原則ではあるが、このテストをもとに過失かどうかを判定することが出来るとのことである。

Tort (不法行為)1

Tortとは何ぞや?

Tortとは、契約関係の無い人に対して発生した民法上の責任のこと。例えば、ケガをさせられた人や自分の持ち物が破壊された人が、法律上の救済・補償(Remedy)をwrongdoerから得ること。契約関係にある当事者であれば、契約に基づき補償などを話せばよいが、契約がない場合は、The Law of Tortによって行動しなければならない。

The Law of Tortは、wrongdoer(不法行為者)から補償を得られるようにすること、また不法行為そのものの抑止にすることを目的としている。

このWrongdoerは、“Tortfeasor”という。

Common Torts

  • Trespass(侵害)
    人、物、土地、動産(Chattel)、物品を棄損・破損
  • Nuisance (妨害)
    他人の土地の生活や平和を妨害すること。騒音、振動、悪臭なども対象となる
  • Conversion (他人の財の不正使用、不正)
    他の人の所有物を不正使用すること
  • Defamation
    中傷
  • Personal Injury
    傷害
  • Economic or Intentional tort
    英国法におけるEconomic/Intentional tortは以下のことを言う
    1, Breach of contractを持ち込んだり、わざと引き起させる行為を行うこと
    2, 違法に他社のビジネスおよびトレードに干渉すること
    3,第三者に損害を与えるよう脅迫すること
    4, Conspiracy (共謀)

Statutory Tort (法律上の不法行為)

Consumer Product Act 1987における製造物責任など

Contract Law 4

Force Majure

  • Force MajureはThe Doctrine of Frustrationと似ているようで違うコンセプト
  • 英国法になく、フランス法にあるコンセプト
  • Frustrationは、契約当事者が契約を履行する責任がなく終了させることが出来るが、Force majureは一部の契約を履行することが出来なくなるが契約自体は続行する
  • 契約当事者が対処不可能な事態に対して、契約が不履行になってしまう場合に関して責任を軽減するための条項を設置する必要性あり

    Channel Island Ferries Ltd v Sealink UK Ltd [1988] I Lloyd`s Rep 323
    The Court of appealは、Force Majure条項を援用するものは、その状況がその援用者にとって、打破不可能な状況だったことを証明しなければならないとした

Special Statutory Provisions

法令により追加された、Frustationは以下の通り。

  • Sale of Goods Act 1979 (supplemented by the Sale and Supply of Goods Act 1994 and the Sale of Goods (Amendments) Act 1995)はOwnership of goodsと金銭を交換する
  • Supply of Goods and Services Act 1982
  • The Factors Act 1889… エージェントに関する取り決め(Lien/貨物引き渡しに関する法律)
  • The Carriage of Goods by Sea Act 1971…Hague Visby Rule批准国にも適用

Remedies for breach of contract

コモンローにおいて、Breach of contractで相手に負わせた損失を”Damages”と呼ぶ。

Damagesには二種類ある。

  • Liquidated Damage… Breach of Contractがあった場合に、契約当事者が事前に予想されていた損失。例、Demurrage/Despatch
  • Unliquidated Damage…予想できていなかった損失。例: Cargo Claimsなど?

Civil Lawの立場としては、Breach of Contractによって被った契約者を補償するのが目的であり、契約を履行できなかった者を罰することを目的としてない。

契約が正常に履行されたと仮定した場合に、どのような損失がでるか(Earning loss含む)、それが損失の本質となる。

Remoteness of Damage

DamageはRemoteすぎてはならない。契約上のDamageもある程度制限されてくる。CourtおよびTribunalが、DamageをRemoteとするかの基準は以下の通りです。

Hadley v Baxendole (1854) 9 Ex 341  
契約を不履行されたものが、回復できるのは以下の場合:

  1. 契約不履行により自然と発生するような損失
  2. 契約をする際に、契約を不履行にした当事者がある程度、予想できて不履行によって発生した損失

11月の試験 (所感)

試験終わった。Shipping Business と Dry Cargo Charteringという科目。
まぁ、恐らく合格かどうかは半々なような気がする。

同僚のアドバイスでは、知っていることを沢山書いた方がいいよというアドバイスを頂いたので、それをもとに書いた。

Shipping Businessは質問を読み間違えたこともあり、一問だけ見当違いのことを書いた可能性があり。ITFの質問では、ITF雇用契約の違いとしてITFのNon work relatedの定義が違うと書いてしまったが、Permanent Disabilityの定義が確か違ってたと思う。船員クレームを久しくやっていなかったのでこの点を忘れていたので、いずれまとめたいと思う。

Dry Cargo Chartering、時間が足りなかった。(残り30分で一問書ききらなければならなかった)自分としてはよくできた方だと思うが、時間配分をきっちりせねばと思った。

Contract Law 3

Doctrine of Frustration of Contract

一方の契約当事者が契約を実行することが出来なくなったことにより、契約を履行することが叶わぬとき、ContractはFrustratedするという。Contract がFrustrateすれば、契約両者は契約の義務や責任から逃れられる。

予期せぬ出来事などにより契約が実行不可能になった場合もContractはFrustrateする。Wilson v Blumenthal [1983] I AC 854

法律の改定(The Law Reform Act 1943)により、現在は以下の状況であれば、契約はFrustrateしないとされている。

(a) any charter party except a time charter or demise charter
(b) any contract of carriage goods by sea
(c) any contract of insurance
(d) any contact to which sec 7 of the Sale of Gods Act 1979 applies, or any other contract for the sale of specific goods where the frustrating event is the perishing of the goods (Section 2 (5) c )

英国法では、契約がFrustrateしたことによる、不稼働損失は請求出来ないように徐々になりつつある。Pioneer Shipping v BTP Toxide [1982] AC 724 にてLord Roskilが契約のFrustrationについての定義を述べている: “not likely to be invoked to relieve contracting parties of the normal consequences of imprudent commercial bargains” (契約再開しても正常な結果が出そう・回復できそうにないような状況)

複数の契約を持っている場合、一部の契約がFrustrationしたといったからと言って、すべての契約がFrustrationするというわけではない。

The Super Servant [1990], I Lloyd’s rep 

The Super Servant One or The Super Servant Twoを使用可能とできる契約で、使用予定のThe Super Servant TwoがLostしたため、契約のFrustrationを主張したが、The Super Servant Oneが使用可能であったため、Frustrationは認められなかった。

 

 

Commodity Enquiry (穀物)

穀物に関する試験の書くべき内容。よく出るので以下の事をまとめておく。

 

  • Basic Information abt grains and its Stowage Factor (Wheat 43-46, Barley 47, Corn 50, Soyabean Meal 46-47, Canola 53.5 cbf/MT)
  • Identify vsl used
  • Idenitify main ports
  • Describe two ports/Handling equipments
  • Analyse factor influencing, global trading patterns- Basic/demand pattern
  • Specific Factor
    – Population
    – Natural phenomena
    – Famine for World Food program
    – Change in world policy

 

 

 

 

 

Firm Offerの書き方

Write an initial offer for voyage charter trip and time charter trip

Voyage Charter


Business Reply by: 20 January 2019, noon (JST)
For Account of: xxxx
Name of ship: MV. CAPE UNSEAWORTHINESS
Built in 2003 Flag: Panama Builder: XXXX
LOA: 290m  Beam:45m    Draught: 17.5 m
180,000 DWT GEARLESS BULKER
9 HOLDS and Hatches
Class: LR

Load/Discharge port: 1sp1sb Dampier / 1sp 1sb Rotterdam
           Always Accessible Always Afloat
Laydays Cancelling: 29 Jan 2019 – 10 February 2018, 0:01 – 23:59 LTE
Cargo: 150,000 MTs +/- 10% MOLOO
Load/Disch rate 25,000 MT PWWD SHINC / 25,000 PWWD SHINC
Dem:     USD xx,xxx
Freight rate: USD xx.xx
Freight payable 95 pct less commission with 7 banking days after signing/releasing B/L
Loading /Discharging cost: FIO
Commission: 1.25% xxx broker + 2.5% addcom
Charterparty: GENCON
Subjects: (details/stem/shipper’ – receivers approval)

Time Charter

Business Reply by: 20 January 2019, noon (JST)
For Account of: xxxx
Name of ship: MV. CAPE ESOES
Built in 2003 Flag: Panama Builder:
LOA: 290m Beam:45m Draught: 17.5 m
180,000 DWT GEARLESS BULKER
9 HOLDS and Hatches
Class: DV
Delivery: Dampier, Australia
Laydays/Cancelling: 29 Jan 2019 – 10 February 2018, 0:01 – 23:59 LTE
Duration: Min about 50 days to Max 80 days (about means 10 days)
Redelivery: Rotterdam, Netherland
Trading Area: via Mediterranean Sea, Suez canal, Indian Ocean
Always Afloat Always Accessible bends
Intended Trade: Iron Ore Trade
Hire rate: xx,xxx net daily TC, APS Dampier, Australia
Ballast Bonus: xxx,000
Bunker on delivery xxxx MTs IFO
xxxx MTs MDO
Brokerage: 1.25% xxx + 2.5% addcom
Charterparty: ASBATIME pro forma CP dated xxxx
Subjects: (details)