Common Law

Common Law

海運の世界では、英国法が適用されることが多く、英国法はCommon Lawと呼ばれる法体系に属している。特徴としては以下の特徴があるらしい。

  • 原則的に過去の高等裁判所の判例に基づき判決を下す
  • 判決を出す際の判決は、どのようにその判決が出来たか長く記載する。将来的に判例が将来的に前例となるため、その点も意識される
  • Ratio decidendi… 判決に至った重要な根拠、法的拘束力があるらしい
  • Obiter dictum …判決に至った重要な意見(参考程度)のもので、Ratio decidendiでは将来的な判例に影響するらしいが、Obiter dictumは影響しいえない。
  • 英国の裁判所では、判決を出す際、両者の弁護士から答弁を聞き、判決を出すようだ。訴訟人は、Balance of probabilitiesの元、正当なものだと証明する義務がある。Balance of probabilitiesとは、訴えが本当である度合い?

Statute of Law/Legislation

英国法には欠かせない要素は2つある。:Statute Law/LegislationとEquity
。Statute Lawは議会を通過した法律の事を指す。現行の法律を詳細化を行ったり、改善を施すための法律。Statute Lawには国際法なども含まれる、例えば: Hague-Visby Rules 1968 via the Carriage of Goods by Sea Act 1971.

  • 裁判所は議会が法律を通過した際の背景を考慮して判決を出さなければならない
  • あいまいな点があれば、法律をどう解釈するべきか書かれた補足や契約書などがあることが多い
  • Ejusdem generis...英国法の前提、特定の用語・物が同種のものを含蓄しているという前提。例えば、`Charterers shall pay for all port charges, pilotages, towages, agencies and all other usual charges.` という契約書の文言があったとして、本船の係留料(dock due)を含むべきを考えるとき、同種のものと考えられるため傭船者がカバーすべきと考えられる

Equity

英国法で最も難しい概念らしい。日本語では平衡とも呼ばれる。端的に言うと、コモンロー上の極端に厳しい部分や融通の利かない部分を緩和するために”Equity”という概念があるらしい。事件の性質によって、過去の前例やコモンローに基づく原則を維持するのが不適切だと考えられる場合にEquityという考え方が適用されるらしい。特例という考え方のほうがあってるかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です